うつ病の疑いがある場合は検査を受けるようにしよう

うつ病のこと一緒に考えませんか

Recommend link

  • 最近不眠が続いていたり気持ちの浮き沈みが激しいと感じている方はうつ病の検査を受けてみましょう。あなたに最適な治療を見つければ回復も早いですよ。
うつ病の正しい知識を得ましょう

現代人に多い病気

うつ病の診断基準について。

病気には様々な症状があり、症状によって原因もそれぞれ違ってきます。命に直接的に大きく関わるわけではなくとも重大な病として取り上げられている種類に、うつ病があります。このうつ病という症状は精神疾患ですが、症状が悪化するまで放っておいてしまうと、最終的に命に関わることもあります。もし少しでも気になる症状があるという場合は、専用の検査を受けることを考えることが大切です。うつ病の検査を受けるための専門クリニックとは何かというと、精神科です。総合病院以外にも、専門クリニックとして経営している場所も多いので、そのような場所を選択して受診するようにしましょう。そうすることによって、人の多い総合病院とは違い知り合いなどと遭遇してしまうということはありません。あまり人にうつ病かもしれないと思われないためには、クリニックの受診方法に関してもしっかり考えるようにすることが大切です。そのためには、周囲にあるクリニックなどをよく把握しておくことが大切です。

血液検査でうつの診断ができる研究について。

うつ病になってしまった人は、自分では病気であるということに気付きにくいものです。ですが、気付かないまま症状が進行してしまうのは、大変危険なことです。症状の進行を確実に食い止めるためにも、少しでも怪しいと感じた時点で必ず検査を受けるようにしましょう。また、自分では気付かなかったとしても、周囲から指摘がある場合があります。このような場合に関しても、周囲から指摘された時点でクリニックの受診を考えるようにすることが大切です。

うつ病の症状が現れた場合、WHOの国際疾患分類であるICD-10と米国精神医学会のDSM-IVが診断基準として用いられます。共にうつ病でおきやすい症状を記述しており、これに該当するかで判断しています。その他にうつ病の評価スケールなどはいくつかあります。 しかし、うつ病の症状があるからうつ病であるという診断はすぐにはされません。疾患によってうつ状態を引き起こすものもあるため、その疾患がないかの検査を行う場合もあります。脳梗塞や脳出血、アルツハイマー、脳腫瘍や頭部外傷がある場合がそれにあたります。その診断のために、CTやMRI、脳波検査や血液、尿、心電図検査、腎臓や肝臓の検査、甲状腺機能検査などを行う場合もあります。

血液検査としては通常うつ病ではなく、うつ症状を起こす疾患がないかの確認のために実施することが多かったですが、最近ではこの血液検査でうつの診断ができる病院もでてきました。 血液中のエタノールアミンリン酸、EAPという物質の濃度を測ることで、うつ病の診断ができるという研究がされています。この場合客観的に判断できるので、治療後の経過も確認するのに利用ができます。 そして、血液という簡易なものにあるので今発見が遅れており治療が受けられずにいる患者に対しても有効とされています。現在、測定キットなど実用化に向けて研究が進められており、実用化されれば、以前は精神科など専門家による診断しかできなかったうつ病ですが、健康診断などでも検査が行われ診断されることで早期治療がうけられるようになりそうです。

Posts

1

自己診断できる

うつ病かどうかは、専門のクリニックを受診しない限りハッキリは分かりません。しかし、自分でも簡単な検査を受けることは可能です。チェックリストの項目をチェックすることで、可能性の有無を判断することができます。

もっと知りたい

2

医師の診断

うつ病の検査を専門のクリニックで受けるという場合は、自己判断とほとんど変わりません。自分で判断した内容を改めて差チェックした上で、医師が細かいチェックを行なうのです。そこで症状がハッキリ確定するのです。

もっと知りたい

3

最新のチェック方法

精神科は全国にありますが、その中でも最新のうつ病診断を行なっている所があります。最新の検査を行なうためには専用の機械が必要となっており、この機械を導入しているのは数ヶ所のみとなります。

もっと知りたい

4

クリニックの選択

検査結果で本格的にうつ病と診断されてしまった場合、治療が必要です。投薬治療やメンタルケアなどが必要なのですが、治したいと本当に思っているのであれば、クリニックを選択する際は慎重に選びましょう。

もっと知りたい

5

原因を把握しよう

精神科を受診することでうつ病の検査を受けることができますが、改善して再発しないためには、そもそもの原因を考えることが大切な方法になります。原因を把握することで、正しい処置が行えるのです。

もっと知りたい

TOP