うつ病の疑いがある場合は検査を受けるようにしよう

花
3

最新のチェック方法

うつ病の検査を行なう際、クリニックによって方法に若干の違いが発生します。従来であれば必要項目をチェックすることがスタンダードな方法でしたが、現在最新式となっている方法はまったく変わってきます。最新式の検査方法では、専用の機械を使用します。機械を使用してうつ病の検査を行なう方法のことを、光トポグラフィー検査と言います。機械を使用することによって何が分かるのかというと、脳の血流量です。うつ病と深く関わりをもつ前頭葉部分の血流量を調べることによって、病気かどうかの判断材料になるのです。

では光トポグラフィー検査の方法ですが、この検査では近赤外光という種類の光を使用しています。近赤外光を脳にあてることによって、脳中の血流量のデータがわかるような仕組みになっているのです。この近赤外光は人体に何の悪影響も与えないので、安心して検査を受けることができます。

光トポグラフィーでうつ病診断をしたいと考える場合は、少し調べる必要があります。この最新治療を受けることができるクリニックは限られているので、機械を置いているのかということをよく調べるようにすることが大切です。また、状況によって変わってきますが、この治療を受けるためには予約が必要になってくる場合があります。まずは機械があるかを調べた上で、機械が使用できるかの確認をするようにすることが大切です。検査の費用は10000円を超えてしまいますが、より詳しい判断をするためにはこの方法が推奨できます。

TOP