うつ病の疑いがある場合は検査を受けるようにしよう

花
1

自己診断できる

うつ病の今後の検査について

うつ病かどうかの診断ですが、軽い検査であれば自分でも行なうことが可能です。少しでも自分がうつ病なのかと気になった場合は、セルフチェックを行なうようにすることが大切です。このセルフチェックの方法ですが、何を調べたら良いのか分からないという人が多いことが一般的でしょう。その場合は、インターネットなどで検索することがベストな方法です。インターネットには数多くの情報があるので、何の情報でも簡単に見つけることができるのです。もっとも確実に判断することができる方法として最適なことは何かというと、精神科のホームページを調べることです。専門クリニックのホームページには様々な情報が掲載されているので、うつ病のセルフチェックも行なうことができます。セルフチェックをする前に本格的な検査をしたけれど勘違いだったという場合もあるので、チェック項目を埋めてうつ病の疑いがあると分かった場合に専門のクリニックを受診するようにすることが大切です。

病気か調べる上で注意すること

本格的な検査を受ける前のセルフチェック項目にはどのような内容が挙げられるのかということを考えてみましょう。項目は、大きな内容と細かい内容に分けることができます。初期症状としては、中々やる気が起きないということなどです。その後細かい綱目の症状が発生してくるのですが、自信がなくネガティブな状態が続いてしまうことなどが挙げられます。これらの症状が長期間続くようであれば、本格的に検査を行なうことを考えるようにすることが大切です。

現在のうつ病かどうか調べる方法はいくつかあります。 1つ目はWHOなどが公開しているうつ病チェックリストを使用して判断する方法です。 この方法は誰でも気軽に短時間で行うことが可能です。 ただし自分で行う為に精度が低くなる為、目安程度にしておく必要があります。 2つ目の方法は心療内科で専門の医師に受診する方法です。 この方法は患者から日頃の生活や現在の症状などを聞き医師が判断します。 自分で判断するのではなく知識と経験のある医師が判断するので精度は高くなります。 3つ目の方法は最近うつ病の検査で用いられるようになった光トポグラフィー検査というものです。 この検査方法は従来数値化することができなかった病気の状態を数値化しうつ病かどうなのかを正確に検査することができます。 今はまだ光トポグラフィー検査はあまり普及していません。 しかし今後取り扱う病院数が増えていき、今よりさらに的確な診断が可能となるでしょう。

うつ病か判断する上で注意することがいくつかあります。 最初にうつ病かどうか調べる場合はWeb上のチェックリストを使用して自己検査することが一番簡単です。 しかし、簡単である為の問題もあります。 このチェックリストによる検査ですが、その時の気の持ちようでも結果が左右します。 うつ病だと思いながら行うと結果がそちらのほうに引きずられてしまいます。 この検査方法を行う場合は自分の状態を客観的に見て判断するように注意しましょう。 また、他者から自分の状態がどう見えているのかで判断してもよいでしょう。 このWebチェックリストによる検査は目安です。 結果がどちらになっても心配である場合にはうつ病を専門にしている心療内科の医師に一度相談するとよいでしょう。

TOP